CD125T 駆動系リニューアル その②

CD125Tの駆動系リニューアルの二回目です

前回、120コマのチェーンを118コマに切断しました。
お次は、リアのドリブンスプロケットの交換と
ベアリングの打ち替えです

取り外したハブからドリブンスプロケットを外します
固定するのが面倒なので、インパクトレンチでボルトを緩めます

こういう時はインパクトレンチはありがたいですよね(^^)
安物ですがすでに10年以上使ってますが壊れないすぐれものです

今回取り付けるスプロケットは純正部品なのですが、現在取り付けてるものと丁数が違います

純正品番 41201-KCP-J00


いままで付けてたものは45丁
新しくつけるものは44丁です

僅かですが、ハイギヤード化になります


スプロケットをハブに取り付ける前にベアリングを打ち替えます

ストックしてた程度のいいハブに、低フリクションタイプのシールドベアリングを打ち込みます

ちなみに私は作業するときには、写真のグローブを愛用してます
引き裂きに強く、指先の感覚も素手に近いので作業がはかどります

まずはプラハンで軽く打ち込みます
全周均一に打ち込んでいきます


全体を打ち込んだら、取り外した古いベアリングをあてがって、
奥までしっかり打ち込みます

こんな感じに奥まで打ち込みます

今まで使ってたハブより低走行車のものなんで、外観もきれいなハブです

新しい44丁のドリブンスプロケットを取り付けます
組み付け時もインパクトレンチのお世話になりました

そして車両側へ取り付けて、ドリブンスプロケットの交換は終了です(^^)

次回はチェーンの取付になります

つづく・・・
最後までご覧いただきありがとうございました
ランキングに参加してます
ポチッとしていただくと励みになります
にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする