回顧録 CD125Tレストア その②

皆さんこんばんは

CD125Tの再生の第二回目です

以前の記事はこちらから
回顧録 CD125Tレストア その①

まずは、バイクの状態を検証していくことに・・・


ベンリィの一番の特徴とも言える
メッキカバーの付いた燃料タンクです
外観はそれなりですが、タンク内部は
サビもなく綺麗でした

一番心配してた部分なのですが、錆がないってことで
一安心です(^^)


フロント側から検証です
目立ったのはフロントフォークのカバーです
へこみ、錆、穴開きが進行してます


エンジンです
アルミ部分の状態な年式なりですが
酷い腐食もなく、軽く磨けば綺麗になりそうです


シートを外しての検証です
ここは酷いですね(^_^;)
タンクのシートの接触する部分は
錆がかなり進行してます


エアクリーナーケースもサビサビです
先が思いやられます・・・


リアフェンダーですが、こちらも錆が進行中です
フレームの取り付け部分は早く処理しないとボロっといきそうです


燃料タンクを外してみました
フレームも所々錆びてきてます

検証の結果
前後フェンダーと燃料タンク、フレームは
錆を落として塗装することに決めました

こういうところもかなり錆びてるので
程度の良い部品を調達して交換することにします

つづく・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする