CB1100 燃料タンク塗装 その⑧ 失敗からの下地作業編

皆さんこんばんは
今年も残すところ10日足らず・・・
最近一年がとても早く感じられる、当ブログの管理人binです(^_^;)

さて、年内にはどうにか完成させたいCB1100のタンク塗装

仕事から帰って、毎日少しずつ作業してます

前回、失敗した塗装の剥離を終えて、今回は下地を仕上げました

剥離剤で塗装を剥いで、エンブレムの凹みのところを再度パテ盛り
タンク全体をペーパーがけしました

使った剥離剤です

表面にプラサフを塗装した状態です
今回はエンブレムの所も平滑に綺麗にできた感じですね

今回使用したプラサフです

そして、前回は塗装しなかった所も塗ることに

赤丸内のインジェクターカバーです

ここも安っぽい樹脂のままなので、ついでに塗装することにしました。

足付けしてから、プラサフ塗装しました
ABS樹脂製で塗装が乗りにくいので、ミッチャクロンマルチを吹いてからプラサフを塗りましたよ

プラサフが乾燥したところで、表面を1200番のペーパーで研いでいきます

表面をスベスベに研ぎました

いよいよ、次回は上塗り塗装に入ります

つづく・・・
ランキングに参加してます
ポチッとしていただくと励みになります
にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村

コメント

  1. アキラ より:

    binさん 僕がやるとプラサフは3度塗りしてもペーパーすると直ぐに下地がでるのですがやり方の何がまずいのでしょうか?かなり軽めに磨いてるつもりなんですが。。。。

  2. bin より:

    アキラさん
    プラサフの研ぎって難しいですよね
    今回も少し透けるような箇所もありました
    ごく軽い力でペーパーを当てるようにしてますがエッジ部分は薄くなりやすいですよね

    慎重に研ぐしかないようです