CB1100 で夕方の漁港へ

こんばんは
3月に入ってだいぶ陽も長くなりましたね

夕方に地元の漁港にCB1100で行ってみました

夕方の漁港はとても静か
CBの静かな排気音が風の音とハーモニーを奏でてるようでした

エンジンを切ると、カモメの鳴き声、波の音、船と船とが
擦れ合う音が聞こえてきます。

陽も傾き、周りの風景をオレンジ色に染めていきます
風は冷たいのに、暖かな夕陽です

漁港の景色にCBが溶け込んでいきます


潮風とCB
なんだか、とても似合う気がしました

やっぱりCB1100カッコイイな!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする