回顧録 CD125Tレストア その③

一昨年にCD125Tをレストアしたときの模様の三回目です

現在の状態を検証したCD125T
再生に向けて、まずは分解することにしました

シートやタンクの大物を外してから
マフラーやタイヤ、フェンダーなど
どんどんバラしていきます

バイクがでんぐり返らないように
ウッドデッキの床板にベルトで固定してます

これなら安心して作業ができます(^^)


エンジンもエアクリーナーケースも外して
ほぼフレームだけとなりました

ここまでの所要時間は4時間ほど
意外にも簡単に分解できました

フレーム自体には錆はあまりないのですが、
前後フェンダーとエアクリーナーケース、そして燃料タンク・・・

まずはサビ落としが再生の第一歩になりそうです

次回につづく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする