回顧録 CD125Tレストア その⑦

こんばんは
スギ花粉が終わりかけて花粉症の症状が和らぐと思ってたら
次はヒノキ花粉^^;

なかなかティッシュから解放されません(笑)
さて、CD125Tのレストア
再生記録の7回目となります

サビ地獄から解放されて、外装関連はひとまずお休み

お次はオートバイの心臓とも言えるエンジンに取り掛かります

私の元にやって来たCD125Tベンリィのエンジンは始動性もよく
快調でしたが、いかんせんエンジンの外装が汚い・・・

そこで、塗装を剥いでアルミの地肌を磨くことにしました

まずは表面の塗装の剥離です

ドライブスプロケットのカバーから始めます
私がいつも塗装の剥離に使ってるのがガスケットリムーバーなんです

塗料用の剥離剤よりもこちらのほうが強力で
スプレー式なのでお手軽です


スプレーしてすぐに塗料が水ぶくれの様になり
簡単に剥離してきます

僅かな量でこのような状態になるので、専用の剥離剤よりお得かも(^^)

ガスケットリムーバーで塗装を剥いだところから、電気ドリルの真鍮のワイヤーブラシで
エンジンの表面を磨いていきます


真鍮のワイヤーブラシで磨いただけでも、かなり綺麗になります

鏡面加工のようにピカピカに磨くより、これくらいのほうがベンリィに
似合ってるかも(^^)

エンジン全体を軽く磨いてやりました
いぶし銀って感じになりました(笑)

とりあえずエンジンはこれくらいでいいかな(^^)

次回につづく・・・

おすすめのガスケットリムーバーです
クリックしていただくと詳細が表示されます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする