CD125T 女性ライダーと博多祇園山笠ツーリング その⑤ 追い山編

いよいよ、博多祇園山笠のファイナルステージと呼ぶべき追い山です!

本編をご覧になる前にここを

ポチッとしていただくと励みになります(笑)

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ

7月15日 4時半

昨夜は一人居酒屋で美味しく食べて飲んで、朝の三時までぐっすり眠れました

朝の4時にちいちゃんと再度合流
博多祇園山笠のフィナーレとなる追い山の見物に出かけます。

山笠の走行ルートは車両通行止めとなるので、ベンリィとカブは駐車場に預けて、トコトコ歩いていきます

山笠のスタートは、午前4時59分。
すでに沿道は多くの人で埋め尽くされてます

私達は、狭い通りで待ち構えます

「オイサ! オイサ!」の掛け声と共に子どもたちを先頭に、一番山笠西流がやってきました

まだ薄暗い中を掛け声とともに凄い勢いで目の前を駆け抜けていきます!

次は移動して、追い山のルートの中で一番広い「大博通り」へ移動。

男衆と山に向けて勢水(きおいみず)がかけられます
この水をかける行為が博多祇園山笠の迫力を生む一因かもしれませんね。

ちなみに、撮影してる私とちいちゃんもかなり水を被りました(笑)

始まってから一時間もしないうちに、七つのすべての流れが通り抜けていき、
朝の6時ころには、博多の街はいつもの姿に戻りました

今回は7月15日の追い山が日曜日だったのですが、毎年同じ日に開催されるので、平日には通勤するスーツ姿のサラリーマンやOLの中に、ふんどし姿の舁き手が街を歩く姿が見られます
その光景が、伝統を重んじる博多の男の姿って感じで、とてもかっこいいんですよ。

また、来年も見に来ます。。。

つづく・・・

最後までご覧頂きありがとうございました
ランキングに参加してます
ポチッとしていただくと励みになります
にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あきら より:

    binさん 祭りの派手さは、昔の町をイメージさせる感じが僕は、します。
    例えば今は小さな町でも昔は一番栄えた町とか!
    祭り大好きです!(^^)

  2. ハチワレ より:

    画像から迫力が伝わってきます。旅心がそそられます。
    いつか訪ねたくメモっておきました。
    どの祭りにも必ず由来が有り想像するだけでも楽しいものです。
    朝早くから有り難うございました。

  3. bin より:

    あきらさん
    そうですね
    大きな祭りがあるところは、歴史のある街が多いですね(^^)

    博多祇園山笠、15日間続けて行われる歴史あるお祭りです
    機会があればぜひともご覧になられて見てください

  4. bin より:

    ハチワレさん
    遠い九州のお祭りですが、ぜひご覧になっていただきたいです(^^)
    夏になると各地でお祭りが多いですね
    ツーリングでいろんなお祭りを見に行ってみたいものです