CB1100で信州北陸ツーリング その⑧ 最終話

CB1100での信州北陸ツーリングの最終話です

5月23日火曜日
舞鶴の宿を出発し、丹後半島をぐるり。

伊根町の舟屋を見て
国道178号線を更に北上します


本日の第二目的地「経ヶ岬」
丹後半島の北の端
近畿地方の最北端です

バイク乗りは端っこが好きですよね~(笑)

岬をバックに撮ってみました
ここは在日米軍の通信所があるらしく、近畿地方で唯一の米軍施設だそうです

さらに国道178号線を鳥取方面に行くと
奇妙なものを発見!!


オーストラリアにあるウルル(エアーズロック)のような形をした岩です

京丹後市の間人にある立岩という玄武岩でできた巨大な岩でした
ちょっと驚きでしたね(^_^;)

山陰の海岸線を眺めながら鳥取市に入り
本日二回目の給油

ここから鳥取道で中国山地に入っていきます
当初の計画ではそのまま山陰を走って山口まで帰る予定でしたが
急遽変更

岡山県高梁市を目指します


中国道と合流した所でお昼

パーキングエリアで今回も地元のB級グルメ
ひるぜん焼きそばを食べました

甘辛いタレのかかった焼きそば
いつも食べるソース焼きそばとは一味違って美味しかったです。

そして旅の最終目的地へ

新見インターを降りて国道180号線を南下

着いたのは・・・

吹屋ふるさと村です
石州瓦とベンガラで染まった家屋が美しい街並みを形成してます

夕方でひっそりと静まり返った歴史ある町並み
統一感のある町並みは、伊根の舟屋にも通ずるものがありました


この写真が今回の旅の最後に撮った写真です

楽しかった五日間
トラブルもなく2530kmを走り抜けたCB1100

ほんとに思い出に残るツーリングになりました

最終日の走行距離は650km

少しバタバタしましたが、この日も充実した一日でした

帰宅したのは19時
少し薄暗かったですが、バッグ類を外して
旅を共にした同士のCB1100を丁寧に洗車しました

旅から帰ってすぐなのに、
また旅に出たくなりました(^^)
バイクツーリングってホントに楽しいですね!!

最後までご覧いただきありがとうございました
ポチッとしていただくと励みになります

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする