GB250  シフトペダルのガタを修理

こんばんは

GB250のシフトペダルのガタがひどく、なかなかニュートラルに入りにくくて、シフトフィーリングも悪いので原因調査してみました

GB250のシフトペダルはリンクを介してミッションのスピンドルにつながってるのですが、走行距離が伸びてくるとミッション側のスプラインとシフトアーム側のスプラインが摩耗してグラグラになるようです。

写真を見れば一目瞭然ですが、シフトアーム一杯に締め付けてもスプラインにわすかの隙間ができてます

その影響で、シフトペダルのフィーリングが悪くグラグラになるようです

シフトアーム側がアルミ製で摩耗していくのが原因みたいです

原因がわかったので修理していきます

使う材料はこれです
アルミ缶です

これを加工してスピンドルとシフトアームのガタを減らしていきます

まずはシフトアームをミッションのスピンドルから取り外して、マイナスドライバーで合口を広げます。

あまり、大きく広げると折れるおそれがあるので注意してください

アルミ缶をハサミで切って、シフトアームの開口部とスピンドルの間に挟める大きさに切り出します

いきなり完成ですが、スピンドルとシフトアームの隙間にアルミ缶を切り出した板が収まってます

このお陰で、合口が以前より広がってるのがわかると思います
これで、スピンドルのギザギザとシフトアームのギザギザがしっかり噛み込むようになり
シフトペダルのガタが激減しました

もちろん、以前よりもニュートラルに入りやすくなり、シフトもカチカチ気持ちよくなりました(^^)

ほぼ無料でできる、お得技ですね(笑)

最後までご覧頂きありがとうございました
ランキングに参加してます
ポチッとしていただくと励みになります
にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村

コメント

  1. アキラ より:

    binさん これですよね(^^)
    身近なもので工夫する!
    これも不具合が改善されると楽しい(笑)

  2. bin より:

    アキラさん
    廃品利用がうまくいきました(笑)
    薄いアルミなので、しっかりスプラインに食い込んでガタがなくなりましたよ(^^)

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30