CD125T 突然走行不能に・・・ トラブル三昧ツーリング 後編

とうとう3つ目のトラブルが起こりました・・・
1つ目はSDカードを忘れて撮影不能
2つ目はテールランプのナットが無くなってブラブラ状態に。
そして3つ目は・・・

本編をご覧になる前にここを

ポチッとしていただくと励みになります

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ

8月11日9時

日本海側の萩から再度秋吉台に戻ってきました。

青い空に緑の草原は何度見ても飽きません。

撮影してると嫁さんから電話が・・・
今日の夕方に同窓会の写真係を頼まれてるので、そのことの確認でした。
「10時には帰るから、そのときに段取りを打ち合わせしよう」と言って
電話を切り、帰宅することに。

し、しかし・・・

秋吉台を降りきったあたりから、エンジン絶不調!!

信号待ちでとうとうエンジンストップです・・・

ガス欠のような症状が出て、アイドリングもしない
キックすると圧縮はあるしクランキングするのでエンジンは焼き付いてないようです。

しばらくエンジンを冷やしながら、点火系統を確認
異常はありません。

そうなると怪しいのは燃料系統です。

冷えてからキックするとアイドリングでエンジンが回りだしましたが、スロットルを捻ると
エンスト・・・

路上では修理は不能と判断し、ロードサービスを頼んで自宅まで運んでもらいます。
今年2回目のトラックでの帰宅となりました(笑)

帰宅して昼ごはんを食べてから作業することに(^^)

おそらく、キャブレターのダイアフラムが破れたか、スロットルバルブのニードルが外れたと予想してるのでキャブレターを外します。

10分ほどでキャブを外しバラしていきます。

ダイアフラムもニードルも異常なしでした。
エアクリーナー側からコンプレッサーでエアを送ると、スロットルバルブは上昇したので、
他に異常があるようです。

フロート室を開けてびっくり!!

メインジェットがが付いてるニードルジェットが3ミリほど緩んでました。
これが原因のようです。

しっかり締めて、あとは元通りに戻してエンジン始動!!
何事もなかったように始動し、スロットルをひねるとエンジンが気持ちよく吹け上がりました。

めでたしめでたしです(笑)

まさか半日で3つのトラブルに悩まされるとは・・・
盆休み前の熱い一日となりました^^;

最後までご覧頂きありがとうございました
ランキングに参加してます
ポチッとしていただくと励みになります
にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする