CD125T クラッチ交換 その②

エンジンオイルが抜けっきたので、クラッチ側のクランクケースカバーを取り外していきます。

本編をご覧になる前にここを

ポチッとしていただくと励みになります

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ

クランクケースカバーのボルトは位置によって長さが違うので、
取り付けの際迷わないように、ダンボールに絵を書いて位置がわかるように刺しておきました。

これなら安心です(笑)

キックペダルを取り外して、クランクケースカバーをプラハンで叩いて外します。
このときに外れないからと、合わせ面にタガネやマイナスドライバーでこじると、カバーとエンジンの合わせ面を痛める恐れがあります。

プラハンでコツコツと叩いて少しずつ外しましょう。

3年ほど前に一度開けてるので、軽い打撃でカバーが外れました。
中は結構汚いですね・・・

それではクラッチディスクを外していきます。

ギヤをローに入れて、クラッチリフタープレートの4本のボルトを緩めます。

スプリングを外しました、
センターのロックナットを緩めますが、これは特殊なロックナットになってます。

このような専用のレンチを用いて外していきます。

これがないと回すのが難しいです。

硬く締まってるので、ギヤをローに入れリヤタイヤに回り止めをしてから緩めます。

つづく・・・

後までご覧頂きありがとうございました

ランキングに参加してます
ポチッとしていただくと励みになります
にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ