CB1100 走行中にエンジン停止 診断編

走行中にエンジンの停止したCB1100
JAFに自宅まで搬送していただいたので、診断してみます

本編をご覧になる前にここを

ポチッとしていただくと励みになります(笑)

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ

エンジンが停止したのは時速40kmほどでの走行中。
エンジンが焼付きとかでロックした感じではなく、ガス欠のときのような感じでした。

ガレージでイグニッションオンにしてセルを回しましたが、クランキングはするもののエンジンが掛かりません

その時ある異変に気づきました

いつもなら、キースイッチーをオンにすると燃料ポンプが数秒作動して停止するのですが、キースイッチをオンにしても作動音が聞こえません

おそらく、ヒューズが切れたのだと思い、ヒューズボックスをチェックします

ヒューズボックスを点検したのですが、燃料ポンプの表示はありません
とりあえず、すべてのヒューズの切断の有無を確認しましたが、どれも正常でした、

ならば、リレーかと思い、左上の燃料ポンプのリレーを確認してみます

取り外したリレーの一次側にサーキットテスターで導通を確認します
不良ならば抵抗値が無限大を表示しますが、導通があるので正常です

次にリレーの一次側に電圧をかけて、二次側の作動を確認します
これも導通がなければ抵抗値が無限大なのですが、ほぼ0Ωなので導通ありでした
このリレーは正常に作動してるようでした

原因がわからず、燃料ポンプへのカプラーが気になるので、左側のサイドカバーを開けました。

すると、スターターリレーの上にセルモーターと燃料ポンプのヒューズを発見
実は後で取説を確認すると記載がありましたwww

赤い矢印のヒューズが燃料ポンプ用です

そしてヒューズを抜くと、見事に切れてました
早速取り替えてみます

ヒューズを入れかえて、キースイッチオン!!

これで修理完了かと思いましたが、エンジンかかからずじまい・・・

増えてくのは切断した20Aのヒューズばかり(ノД`)シクシク

どこかショートしてるようなので、更に検証します

つづく・・・

最後までご覧頂きありがとうございました
ランキングに参加してます
ポチッとしていただくと励みになります
にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ