CB1100 ブレーキフルード クラッチフルード交換 後編

フロントブレーキ、クラッチとフルードを交換して
最後は、リアブレーキフルードの交換作業です。

CB1100のリアブレーキのリザーバータンクはシート下にあります。
この状態では作業性が悪いので、リザーバータンクを止めているボルトを外して
前方へリザーバータンクを移動しました。

この位置まで移動すると、フルードの補給もしやすいです。

リアブレーキキャリパのブリーダープラグに8ミリのレンチをかけて、ホースも取り付けます。

ブリーダープラグを緩めて、リアブレーキペダルをポンピングして古いフルードを
排出します。

フロントブレーキ、クラッチの時と同じく、リザーバータンクが空にならないように
フルードを補充しながら、ホースに新しいフルードが見えるまでブレーキペダルを踏んでいきます。

これにて作業終了。
フロントブレーキ、リアブレーキ、クラッチのフルードをすべて交換した量がこれくらいです。
300ccほどなので、500cc缶で充分交換できました。

走行距離は32049km

10000km毎に交換するくらいがいいかもしれませんね。