CB1100 ブレーキフルード クラッチフルード交換 中編

CB1100はクラッチも油圧式なので、ブレーキフルードを交換するついでに
こちらも交換します。

シフトリンケージを外して、スプロケットカバーを外していきます。

5ミリの六角ボルトを3本外すと、スプロケットカバーが外れます。

これでクラッチのスレーブシリンダーにアクセスできます。
上部にあるブリーダーからクラッチフルードを抜いていきます。

ブリーダーに10ミリのレンチをセットして、透明のホースをセットします。
ホースの先端は、ブレーキの時と同様にペットボトルにセットします。

クラッチフルードのリザーバータンクの蓋を開けます。

こちらはフロントブレーキよリも真っ黒な状態・・・
クラッチのほうが劣化が早いようです。

そして、ブリーダーを半回転から一回転ほど緩めて、古いフルードをレバーをニギニギしながら抜いていきます。

エアが噛まないように注意しながら、新しいフルードを足していきます。

リザーバータンク内のフルードを空にしないように注意しながら作業します。

しばらくすると新しいフルードがホース内を流れていきます。
これで、交換は完了です。

ブリーダプラグからホースを外して、付着したフルードを拭き取ります。

スプロケットカバーを取り付けて、シフトリンケージを合いマークに合わせて取り付けます。

さて、お次はリアブレーキのフルード交換です

つづく・・