CB1100 ブレーキフルード クラッチフルード交換 前編

CB1100のブレーキフルードとクラッチフルードを交換したのは

記憶が確かなら一昨年の秋・・・

二年は経ってないものの、リザーバータンクの窓から覗くと
かなり汚いので、交換することにしました。

まずはフロントブレーキから・・・
万が一こぼしてもいいように、リザーバータンクのまわりをウエスで養生します。
ブレーキフルードは塗装面に付着すると、塗料が剥がれてきます。

今回使う道具です
最近お気に入りのラチェット式のプラスドライバー、8ミリのコンビネーションレンチ、透明のホースです。

このラチェットドライバー、力も入りやすいしネジの頭をナメにくいのでおすすめです。

リザーバータンクのネジは結構固く締まってるので、ナメないように注意しながら緩めます。

カバー外すとダイアフラムが付いているので、裏に付いてるフルードを車体に垂らさないように、注意しました。

茶色く変色したブレーキフルードをスポイトで、ある程度抜いていきます。

ここで底まで抜くとブレーキラインにエアが噛むので、タンクの1/3あたりまで抜きました。


こんな感じです。

今回使うフルードです。
ホンダ純正のブレーキフルードになります。

リザーバータンクを新しいフルードで満たします。

フロントのブレーキキャリパーのブリーダープラグにホースを取り付けて、反対側はペットボトルで受けました。

この状態で、プラグを半回転ほど緩め、レバーを握ったり離したりして古いフルードを排出していきます。

リザーバータンクのフルードが減ったら補充を繰り返し、ホースから出てくるフルードが新しいモノになるまで、レバーをニギニギします。

もちろん、左のキャリパーも同様の作業をします。

ちなみにフロントブレーキだけのフルードの交換量は100mlほどでした。

お次はクラッチフルードを交換していきます。

つづく・・・