CB1100 転倒からの復活プロジェクト第三弾 エンジンガード交換取り付け 前編

メーターを修理しミラーを交換して
次は派手な転倒をしたにもかかわらず、CB1100のエンジンと私の右足を守ってくれた、エンジンガードを交換します。

新車から取り付けてたハリケーンのエンジンガードが無残な姿になってます。

車体から取り外してみました。
転倒の衝撃で、フレームへの取付部がグニャリと捻れてます。

路面と接触した部分は、摩擦熱で青黒く焼きが入ってますね・・・
このおかげで、右足は車体の間に挟まらずにブーツに擦り傷がついただけで済みました。

エンジンガードを取り外した車体の様子です。
クランクカバーも無傷です。

エンジンガードは装着しておくと安心ですね。

それでは、交換作業に入ります。
エンジンをフレームに取り付けてるボルトを一旦取り外すので、エンジンをジャッキで支えます。

後編に続く・・・