道後温泉  CB1100 真夏の愛媛ツーリング その②

防予フェリーで松山の三津浜港に4時35分の定刻に到着。
眠い目をこすりながら、松山市内へ移動することにします。

8月13日 5時 

伊予鉄の道後温泉駅に停まってる「坊ちゃん列車」と記念撮影。

実は松山に着いて一番先に行ったのが道後温泉本館。
バイクと歴史ある道後温泉本館と撮影したかったのですが、保存修理工事中で工事用のバリケードで覆われており、撮影を断念💦

営業時間前の人が少ないときに撮影するつもりで、深夜のフェリーに乗船したのに残念です。
完成してからリベンジということで、気を取り直し移動することにしました。


そして松山市内にある鉄道ファンなら絶対来たくなるところへ。

線路が平面交差するダイヤモンドクロッシングです。
伊予鉄の大手町駅前にあります。

路面電車と鉄道線が平面交差します。

ここは日本で唯一、踏切の前で電車が電車の通過を待つ光景が見られる貴重な踏切ですが、

早朝で列車の運転がまだだったので、その光景は見られませんでした。

そして伊予鉄道の中では非常に古い駅舎の郡中線の松前駅(まさきえき)へ
なんと1896年開業の歴史ある木造駅舎です。

駅舎内の待合室もレトロな雰囲気でタイムスリップしたかのようです。

当初の予定では、ここから四国カルスト方面へ移動することにしてましたが、この駅舎を見たら古い街並みが見たくり急遽予定変更することにしました。

松前駅から40分ほど走ってレトロな街並みに到着しましたよ・・・

つづく・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする