CD125T 2号機 エンジンバフがけ

CD125T2号機のエンジンの塗装を剥離して、磨きの工程に入ります。

本編をご覧になる前にここを

ポチッとしていただくと励みになります

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ

強力な剥離剤で塗装を剥がして、一旦すべて水洗いをしました。

そして、エンジン表面のアルミの腐食をグラインダーに取り付けた塗装剥がし用のディスクで研磨していきます。

ヤナセ 塗装一掃 中目 TI10

ヤナセ 塗装一掃 中目 TI10

348円(09/18 18:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

全体を軽く磨きました
サンディングの傷はありますが、腐食した部分は綺麗になりましたよ。

その後、真鍮製のワイヤーブラシを電気ドリルに取り付けて表面を磨いていきます

SK11 六角軸 真鍮ワイヤーブラシ 15mm

SK11 六角軸 真鍮ワイヤーブラシ 15mm

365円(09/17 22:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

真鍮製のワイヤーブラシで表面を軽くするだけでかなり綺麗になりました。

スプロケットカバーも同様の作業をした後、フェルトバフに青棒を塗って表面を鏡面加工していきます
あまりピカピカになるより、少し曇りの残るくらいに仕上げます。

とりあえず左側のオルタネーターカバーとスプロケットカバーは磨き終えました

ここまで丸一日^^;
次回、右側の作業に取り掛かります。

最後までご覧頂きありがとうございました
ランキングに参加してます
ポチッとしていただくと励みになります
にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ

コメント

  1. あきら より:

    binさん

    おーピッカピカ♪

  2. bin より:

    あきらさん
    1号機も磨いてるのですが、すでに曇ってます(笑)
    2号機は1号機よりも光らせるつもりで作業してます

  3. cab_tokyo より:

    すげーっ!  磨くとこんなになるんですね。
    CD じゃなくて CB! ってかんじ。

    昔のバイクはやっぱり品質が良かったのでしょうか。

    このあともたのしみー。

  4. bin より:

    cab_tokyoさん
    1号機より2号機のエンジンのほうが腐食してるので、塗装を剥いで状態を確認するために磨きました。
    塗装を剥いで磨きの工程で、アルミの地肌がピカピカに変化してくると、苦労も吹き飛びます!!