CD125T スパークプラグ交換

通勤快速のCD125T 1号機、最近高回転で失火することが多いので、
スパークプラグを交換することにしました。

本編をご覧になる前にここを

ポチッとしていただくと励みになります

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ

前回交換したのが一年半近く前

交換時の走行距離を記録してたのでわかりませんが、
15000km近くは走ってると思います。
高回転を多用するので、かなり電極が消耗してるかもしれません・・・

交換するのはこちらのプラグです
NGKのCR6HSAです

NGK スパーク プラグ CR6HSA 2983 380101

NGK スパーク プラグ CR6HSA 2983 380101

311円(09/18 21:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

取り外したプラグを新品と比較してみます
中心電極がかなり短くなってました。

プラグホール付近はあらかじめエアブローして
燃焼室内にゴミや異物が入らないようにします。

パラツインのCD125Tはプラグ交換がとても容易です。

時間にして10分足らずで作業終了。

早速試運転しましたが、高回転も失火することがなくなりました。

走行距離は59599km

最後までご覧頂きありがとうございました
ランキングに参加してます
ポチッとしていただくと励みになります
にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ

コメント

  1. SevenFifty より:

    こんばんは。
    SevenFiftyです。

    >パラツインのCD125Tはプラグ交換がとても容易です
    仰る通りです。
    わたしのバイクも簡単です。
    でもモダンなWはタンクを外さないとダメなようです。

    ちなみに昔乗ってCB750Fは4気筒なのにタンクを外すことなく4本のプラグが交換できました。
    ちゃんと車載工具だけでです。

  2. bin より:

    SevenFiftyさん
    こんにちは~
    パラツインはほんとにプラグ交換が楽ですよね
    今のWはベベルギアが邪魔でやりにくそうですね。

    CB1100はまだ交換したことがないですが、こちらもタンクを外さずにできるようです。