CD125T Uターン失敗でブレーキペダルが破損・交換

先月のCD125T八代海一周ツーリングでの出来事です。
Uターンをミスってブレーキペダルがひん曲がりました・・・

本編をご覧になる前にここを

ポチッとしていただくと励みになります

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ

外も暗くなった午後八時、自宅を出て5分ほど走ったところで財布を忘れたことに気づき、
道路でUターン・・・

ほとんど向きが変わったと思ったら道路の端に泥の塊があり、それに乗り上げて

バランスを崩し転倒しそうになりましたが、どうにか持ちこたえました。

しかし運悪く、右のレッグシールドの下部に縁石がヒット、そのまま乗り上げてブレーキペダルを縁石に強打しました。

そしてこんな状態に
右の外側に曲がって、おまけに3センチくらい上に上がってます。

横からの画です
ステップよりペダルが、かなり上になってます

実は八代海一周ツーリングはこの状態で走破しました。
かなり操作しにくくて足が吊りそうでした。

取り外してみました。

上がヤフオクで買った中古品
下が曲がったペダルです。

縁石にヒットした部分が赤く錆びて、その手前がかなり折れ曲がってますね。
このまま、曲がったところをガスで炙って曲げ伸ばそうとしましたが、重要保安部品のブレーキペダルだけに、それはまずいので交換することにしました。

ブレーキペダルは、リンクを介してリアブレーキにつながってるだけで、ペダル本体は割りピン一本で取り付けられてるだけです。

作業しやすいようにサイレンサーの取り付けボルトを外し、マフラーを少し外側に移動しました。

中古のペダルのシャフトに入る部分に、グリスを塗ります。

そして、車体へ取り付け。
シャフトに開いてる小さな穴に割りピンを差し込みます

作業はあっという間
ピンの先を折り曲げて取り付け完了。

リンクをリアブレーキに取り付けて、リターンスプリングを掛けます。

最後にストップランプのスイッチのスプリングをペダルのリターンスプリングにひっ掛けて作業終了です。

正常な位置に収まりました。
あとは動作とストップランプの点灯状態を確認して作業完了です。

皆さん、くれぐれも暗くなってからのUターンには気をつけましょう(笑)

最後までご覧頂きありがとうございました
ランキングに参加してます
ポチッとしていただくと励みになります
にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ

コメント

  1. cab_tokyo より:

    ブレーキペダル災難でしたね。

    CDのブレーキペダルですが、位置が高くないですか? 
    私の場合ちょっと高い気がしていて、割りピン差し込むところの前にパイプ状のストッパーがありますけど、あのパイプにゴムホースを輪切りにしたのを入れてストッパーを太くしてペダルをちょっと下げてます。

    ヤフオクでCDのブレーキペダルって売ってるんだ、って発見です。検索すりゃいいんですけど。

  2. bin より:

    cab_tokyoさん
    いやー
    久しぶりにやっちゃいました・・・
    足を縁石にぶつけなくてよかったです。

    CD125Tペダル位置高いですよね
    右足はいつも外を向いて走ってます。
    早速、明日にでも試してみますね!
    いい情報ありがとうございます。