CB1100 これって直せるの? メーター修理 その②

転倒したCB1100の復活プロジェクト2回目は

粉々になったメーターを修理していきます。

前回の記事はこちら
CB1100 転倒からの復活プロジェクト始動 メーター修理 その①

メーターの裏のカバーの破片を拾い集めて、ジグソーパズルや石器の復元のごとく修復することにします(笑)

それに使うのは、このセメダインPPXっていう接着剤。

ご存じの方も多いかと思いますが、プラスチックの中でも
ポリエチレンやポリプロピレンは難接着素材で知られてます。

この接着剤はプライマーを使うことで、今まで接着が難しかった素材も瞬間的に接着してくれるそうです。

ちなみに、メーターの裏のカバーの素材はポリプロピレンでした。

このプライマー接着面に塗ってから接着剤を塗ります。

それでは、始めていきましょう!!

こういう、固定しにくい状態の部品は瞬間接着剤が有効だと思います。

使う前は半信半疑でしたが、意外に早くしかも強力に接着できます。

少しずつ復元されていきます(笑)
縄文式土器の復元みたいです!!

約一時間で、ここまで復元できました。

粉々になった部品は欠品してるところもあり、歯抜け状態なのでどうしようかと悩んでます。

さてさて、ここからはどうしましょうか・・・