磨きから完成へ  CB1100  DIY 燃料タンク塗装 その⑨ 最終話

CB1100  DIY 燃料タンク塗装の最終回になります。
クリアー塗装を終え、二日間ほど乾燥してから塗装表面を磨いていきます。

まずは1500番の耐水ペーパーで、塗装したタンクを研磨していきます。

タンク全体を綺麗に研いで表面を平滑にしていきます。

全体を研いでから、コンパウンドシート(3000番相当)で全体をむらなく研いでいきます。
この時点で、表面はなめらかな状態になります。

全体をコンパウンドシートで研磨したら、その傷を消すために細めのコンパウンドで磨いていきます。

コンパウンドをウールバフに少量つけて磨くと、綺麗な表面が現れてきます。

全体を細めのコンパウンドで磨き終えてから、超微粒子のコンパウンドで仕上げていきます。

ツヤツヤになりました(^^♪
これでタンク塗装はようやく完成!

いい感じの色に仕上がりました(自己満)(笑)

タンクとサイドカバーを車体に取り付けてみました。

ゴールドのラインが高級感を出してると思いませんか・・・(笑)

カウルを取り付けて、エンブレムも両面テープで貼り付けて完成です。
新車になったような気分です(^^♪

横から見るとこんな感じ・・・
二回目の塗装になりましたが、とても満足しています。

また飽きたら塗り替えようと思います(笑)

長い間お付き合いありがとうございました。

コメント

  1. 小林 より:

    仕上がりましたね。凄いです。Facebookに上げないのですか?シャアしても良いですか?

  2. bin より:

    小林さん
    ありがとうございます。
    今回は単色ではなく、自分としてはかなり頑張りました!
    Facebookのグループは、だいぶ前に退会してますので、ブログのみの公開になってます。

  3. あきら より:

    binさん 完成ってめちゃカッコいい♪
    僕だけかもしれませんが、どことなくKZ1000に見えますwww

  4. bin より:

    あきらさん
    ありがとうございます。
    おっしゃる通りKZ1000のラインを参考にして、上面はCBX1000を参考にしました(笑)

  5. ユキジ より:

    初めまして(^^)

    ブログ拝見しましたが
    センス 技術 共に凄すぎます(^_^;)

    私はcb1100exの納車待ちで色々な方の情報を
    見ておりましたが初めてワクワクする内容でした

    当方 東京ですが
    binさんにもちろん有償で
    塗装をお願いする事は可能なのでしょうか?

  6. bin より:

    ユキジさん
    初めまして、コメントありがとうございます。
    もうすぐCB1100に乗って5年になりますが、色んな情報を上げさせていただいてます。

    塗装も今回で二度目なので、前回より少しは上達しましたが・・・
    本職と比べ物にならないほど低レベルであります(笑)

    人様のタンクを塗装するなんかもってのほかなので、本職にお願いしたほうが賢明だと思います。

    CB1100EXの納車楽しみですね!

    今後とも、当ブログをよろしくお願いいたします。