DIY マフラーガリ傷修理 その③ CB1100転倒からの復活プロジェクト第5弾

どうにか、ガリ傷が目立たくなったCB1100の右下側のマフラー。
次は、右上のマフラーのガリ傷の修理にかかります。

前回の記事はこちら

CB1100 マフラーガリ傷修理 その②

サイザルバフで大まかに磨いてから、WAKO’Sのメタルコンパウンドをフェルトバフにつけて磨きました。

そして最後は金属磨きの定番アイテム、ピカールで仕上げました。

ガリ傷のひどかった、右下のサイレンサーの修理はひとまず完成。
右上のサイレンサーの作業へ・・・

右上のマフラーは下に比べて損傷は僅かなのですが、アルミ製のガードが傷ついてるので、
どう修正しようかと悩みます・・・

まずはステンレスの部位のガリ傷から修正していきます。

アルミ製のガードは、周りをマスキングしてから、ササクレてる部分を平滑に仕上げていきます。

当然元通りとまでは行きませんが、傷がだいぶ目立たなくなりました。

これから、磨いていきます!

次回につづく・・・