CB1100 ハンドルブレース取り付け

ハンドル周りにゴチャゴチャつけるのはあまり好きではありませんが、

スマホホルダーややカメラマウントを取り付けにくいので、

ハンドルブレースを取り付けることにしました。

ネットでいろいろ調べて、チョイスしたのがこれ。
ほとんどの製品がバーの部分が細い中で、この商品は全体がハンドルの太さと同じでした。

ラフ&ロードが販売してるHARDYマルチマウントベースです。
価格も安く剛性もありそうです。

内容はクランプとボルトとバー本体のみ
クランプがヒンジで開閉するので、ハンドルを車体に取り付けたまま、補器類も外すことなく取り付けが可能です。

ハンドルブレースのバーの部分の直径は22.2mm
これなら、市販されてるスマホホルダーやカメラマウントが取り付けやすいですよね。

ネットであらかじめ下調べしたところ、バーとクランプの取り付け部分に隙間ができて、ガタが発生するようなので対処します。

ホームセンターで見つけたゴムのパッキンを間に挟むことにします。

クランプがハンドルに接触する部分には、クリアファイルを細く切って傷防止にしました。

少しわかりにくいですが、バーとクランプの間にゴムパッキンを挟み込んでボルトを締め付けます。

反対側も同様に取り付けて、15分ほどで完成!!

ガタもなくしっかり取り付けることができました。

CB1100はクラッチも油圧でマスターシリンダーが左右についてるので、意外とハンドル周りにスマホホルダーやUSBソケットがつけにくいんですよね・・・

これはお勧めの一品です!!