CD125T リアキャリア延長とトップケース取り付け 考察編

サイドスタンドの延長加工で停車時の姿勢が安定しました。

実はこの加工は、CD125Tに取り付けてた竹籠が経年劣化でボロボロになったため更新しようと思い、以前CB1100につけてたトップケースが余ってるので、それをCD125Tに取り付けて転倒を防ぐための予備作業でした。

それでは、CD125Tにトップケースというかリアボックスの取り付け作業をはじめます。

まずは竹籠を外したリアキャリアの状態です。
サイドパニアケースのステーがごちゃごちゃしてますが、リアキャリアの上はフラットになってますので、そのままトップケースが搭載できると楽なのですが・・・

CB1100につけてたホンダ純正の35Ⅼのトップボックスです
とりあえず、リアキャリアに乗せて状態を確認します。

上から見た写真です。
この位置では、サイドのパニアケースが開閉できませんね
リアキャリアに直接搭載するのは無理なようです。

横から見ると上手くまとまっていい感じなのですが、これではトップケースしか使えなくなります・・・

そんなわけで、リアキャリアを延長加工してトップケースを取り付けることにします。

つづく・・・