ブレーキペダル修理完了 CB1100 転倒からの復活プロジェクト第4弾 その⑤

CB1100のブレーキペダル修理の最終話となります。

前回の記事はこちら
ブレーキペダル削れ修正 CB1100 転倒からの復活プロジェクト第4弾 その④

修正して錆止め処理をしたブレーキペダルを、ステッププレートに取り付けていきます。

ペダルの付くシャフト部分にグリスを塗布します。

ペダルを取り付けてから、作動具合を確認します。
シャフト自体の歪みや曲がりはありませんでした。

転倒のショックでペダルから外れて、行方不明になってた部品がこれです。

やはり、大きな力が加わったのでしょうね・・・

ワッシャをはめてから、スナップリングを嵌めます。
先の削ったラジオペンチで嵌めようかと思ってましたが、工具箱の奥にスナップリングプライヤがありました。
やはり専用工具があるといいですよね。
って言いながら、軸用ではなく穴用ですが(笑)

この下のようなタイプがあると、どちらにも使えて便利ですね。

サービスマニュアルを見ながら、リターンスプリングをかけてます。

これが意外にかけにくかったです。
今思えば、先にペダル側にかけてからの方が、よかったかもしれません。

次はマスターシリンダーです。
先にペダルにつけてから、ステッププレートに付けました。

割りピンで留める前に、摺動部には薄くグリスを塗っときました。

マスターシリンダーのボルトにはネジロック剤で緩みどめ処理をします。

最後にストップランプのスイッチを付けて完了。
あとは、車体にステッププレートを取り付けます。

はい!
これにて、ブレーキペダルは修理完了です。
ペダル本体を交換しても大した金額ではないことに、作業終了してからわかりました・・・

まあ、整備自体も楽しいのでヨシとします(笑)

さて次回からは一番の大物、マフラーの修理です・・・