CB1100 エンジンオイル交換と油温計センサーの移設  前編

CB1100のエンジンオイル交換に合わせて、
以前取り付けた油温計のセンサーを移設することにしました。

本編をご覧になる前にここを

ポチッとしていただくと励みになります

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ

ドレンプラグの代わりに、油温計のセンサーとフィッティングを取り付けてるのですが、
オイル交換時に毎回センサーの配線に気をつかいます。

油温計取り付けの記事はこちら
CB1100 油温計取り付け 前編

CB1100 油温計取り付け 後編

こんな感じの特殊なソケットを使って慎重に作業してます。
しかもオイルパンの下の地面に近い所に配線があることで、何かに
引っ掛けやしないかと、いつも不安を感じてたのでセンサーを移設することにしました。

まずはエンジンオイルを抜きます。

油温計のセンサーを移設するエンジンブロック下部左側のメクラブタを外します。
かなり固く締まってるので、舐めないように慎重に緩めました。

無事外れました。

オイルパンのオイルは排出しましたが、ここからも少しオイルが出てきました。

外したメクラブタです。

サイズはM20  ピッチは1ミリでした、
ネジ部の長さは約8.5mm

これに合うフィッティングに交換して油温計のセンサーを取り付けます。

長くなりそうなので、次回に・・・

最後までご覧頂きありがとうございました
ランキングに参加してます
ポチッとしていただくと励みになります
にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ