CB1100 バッテリー交換

購入から4年と8か月のCB1100
今年の11月には2度目の車検となるのですが、そろそろバッテリーも交換時期。

特にエンジンがかかりにくいとかの症状がありませんが、以前出先でバッテリー上がりをおこし、押しがけに苦戦したので早めに交換することにしました。

購入したのはパッケージをご覧になればわかると思いますが、台湾ユアサ製です。
純正品の半額ほどで購入でき、評判もいいのでこれにしました。

CB1100の純正はユアサ製のYTZ14S

台湾ユアサではTTZ14Sが互換バッテリーになります。

液入り充電済みのモノにしました。
取説と端子用のボルトナットが付属してます。

それでは交換することにしましょう。
CB1100はシート下の小物入れの下に、バッテリーが搭載してあります。
固定はされてなく、ただ置いてあるだけなので端子のボルトを緩めると外すことができます。

バッテリーの下には、かなり砂がたまってました(-_-;)

底には水抜き穴があるのですが、砂でつまってました。
とりあえず砂を取り除きます。

掃除完了!!

こんなところにも砂が入ってくるもんなんですね・・・

搭載前に新旧の比較します。
外装サイズは同一でした。
左が今までついてた純正品。右が台湾ユアサのバッテリーです。

上部の大きさもほぼ同じ。
純正は全体がキャップになってるようですが、台湾ユアサ製は液を入れる部分が別キャップになってました。

今まで使ってたバッテリーの電圧です。
もう少し低い値を示すかと思ってましたが、意外にも電圧が高く、まだ使えそうですね。

そして新品は・・・

やはり電圧が高かったです。

交換終了しました。
時間にして10分ほど。

交換時の走行距離は34333㎞

また5年くらい持てばいいですけど、台湾ユアサ製はいかがなものか・・・