CB1100  DIY 燃料タンク塗装 その①  

ふと思い立った、CB1100の燃料タンクの塗装
今回もDIYで塗り替えたいと思います。

2年ちょっと前、純正のソードシルバーメタリックから自家塗装で現在のカラーリングに変更しました。

CB1100 燃料タンク塗装 その①  タンク取り外し編

思い立ったら吉日(笑)
早速作業を始めます。

前回の記事で燃料タンクとサイドカバーを外しましたので、塗装前の準備にかかります。

取り外した燃料タンクの給油口からガソリンを抜きましたが、CB1100の燃料タンクの構造上すべて抜けきれないので、燃料ポンプを外して残りの燃料を抜き取ります。

燃料ポンプを外すと、約300ccほどのガソリンが出てきました。

タンクの塗装の作業性向上のために、前回の塗装時の反省点として、タンクをしっかり支える架台を木材の端材で作ることにしました。


仕事は段取りが大切(笑)

しっかりタンクを支えることができました。

今回は塗装を剥離せずに、全体を足付けして塗装することにします。

タンク全体を240番のサンドペーパーで削ります。

エンブレム取付部の凹みをパテ埋めしたところに、ピンホールが出てきたのでラッカーパテで埋めました。

その②へつづく・・・

コメント

  1. よし より:

    こんばんはー
    順調に進んでますね。
    何色になるんですかねー大穴のモモベンと同色に3000点です(笑)

  2. bin より:

    よしさん
    こんばんは
    アハハ(笑)
    モモベンの塗料が残ってるんですよね~

    GWがないので作業は中断してますが、どんな色になるのでしょうか・・・
    お楽しみに(^^)/